『レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―』
f0194546_12114916.jpg2009年 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国
原題: 赤壁/RED CLIFF:PART II
監督: ジョン・ウー
出演: トニー・レオン 周瑜
金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童
系統: 歴史劇/アクション/ドラマ
公式HP

さめ的この映画のキロク: ★★★★☆

あらすじ: 劉備・孫権連合軍との戦いで思わぬ大敗を期した曹操軍は、
新たに2000隻の戦艦を率いて赤壁へと進軍しようとしていた。
非情な手を使い連合軍を陥れようとする曹操により、連合軍は決裂、
残った孔明は周瑜と共に戦う決意をするのだったが・・・

さめ的この映画のココロ: 昨年公開されたパート1以来、待ちに待っていたパート2。
今回もやってくれたよ、ジョン・ウー!

二丁拳銃は出てこないながらにも(設定的にムリなのよね、きっと)、笑
二刀流の代用と白鳩とスローモーションのやり過ぎアクションとで、
まぎれもないジョンウーを見せつけてくれた前回。
その前回よりも、ある意味はるかに色濃いジョンウー映画だった今回!


さめは相当の期待を胸に、初日に足を運んでいた。
が。
なかなかお決まりの感じが出てこないのだ。
最初からなんか様子がヘンなのだ。

というのも今回、どちらかというとドラマの方に重点が置かれ、
始まって一時間半くらいはほとんどアクションがない。
・・・嵐の前の静けさ?のような気もしたが。
いや。

仁義、友情。

これから始まる大きな大きな戦いを前に、
一時間半にわたって切々と描かれるこれらは、
『男たちの挽歌』シリーズでも描かれたそのもの。

ジョン・ウーといえば、ガンアクションにばかり気を取られがちだけども、
彼の映画の真髄は、元を正せば実はココにあるのだ。たぶん。笑
そうだよ、泣かせてくれるよ、ほんと。

そして、観客としてはじらしにじらされて、
パート1でも出てこないうえ、パート2でも終盤になってやっとのことで始まる赤壁の戦い。

つーかこれがもう、文字ではとても表せないくらいもんのすごいことになってて、
相変わらず出てくる人が多いし、←また言ってる。
とにかくみんなごっちゃごっちゃになってこれでもか!てくらいに死にまくるし、
たぶんジョンウー始まって以来最大の大戦闘シーンなんじゃないだろうか!
だからとにかく観に行って!笑

そして最後の最後ではしっかり銃の突きつけ合いならぬ
剣の突きつけ合い見せてくれちゃうし、
やだよ、ついニヤッとしちゃったじゃん!
ていうかすでにぶっちゃけ、最後は三国志とかもうどうでもよくなってて、 ←ヲイ!
くぅ~やっぱりさめはアンタが好きだよジョンウー!!

・・・てな感じの作品に仕上がってます、『レッドクリフ』完結編。
キロク★4つ、絶対的に映画館で観ることに意味のある映画、ゼヒご覧アレ!


← 人気ブログランキング ポチッと応援くださいな☆

← 映画ブログランキング ポチッと応援くださいな☆


[PR]
by samepoooo | 2009-04-14 19:26 | 映画 ら行
<< 『ヤッターマン』 (劇場にて) 『ザ・バンク 堕ちた巨像』 >>