『ダブリン上等!』
f0194546_15474679.jpg2003年 アイルランド/イギリス
原題: INTERMISSION
監督: ジョン・クローリー
出演: コリン・ファレル、キリアン・マーフィ、ケリー・マクドナルド、シャーリー・ヘンダーソン、コルム・ミーニイ、デヴィッド・ウィルモット、ブライアン・F・オバーン、ディードル・オケイン、マイケル・マケルハットン、トマス・オスーレーワウン
系統: ドラマ/コメディ
公式HP

さめ的この映画のキロク: ★★★★★+マニア★

あらすじ: アイルランド、ダブリンに暮らす若者たち。
人生の負け組の彼らは皆、それぞれに悩みを抱えている。
行き詰まり状態の彼らは、ついに強盗計画を企み始めるのだが・・・

さめ的この映画のココロ: アイルランド映画としては、わりと有名になるのかな。
アイルランドは、キリアン・マーフィーの母国でもあり。
キリアンのことを好きになってから、アイルランド映画に触れる機会が多くなった。

なんというか、この映画。
とるに足らないどうしようもない内容なんだけど、どうしてこんなに魅かれるんだろう。

何人もの登場人物たちのエピソードが別々に同時進行し、
それがいつのまにやら自然にリンクしていく。
でもそのエピソードはどこまでもくだらなくて、充分に笑える。

温かい家庭を夢見る暴力男。
口ヒゲを剃れない女。
どうしてもイケない男。
ハゲ男に恋しちゃう女。
ウソの別れ話で本当に別れることになってしまった男。
客に舌打ちする女。

彼らは皆、心のどこかに何かしらの悩みを抱え、必死でもがいている。
その姿が、ある意味とても人間らしく、思わず共感してしまうのかもしれない。

でもって、この映画のキリアンは、そりゃもう相当に情けない。
なのに、生意気。
アイルランドの男の人って、さめ的にはそういうイメージだったりする。
つっぱってるクセに、なかなか本心を表せない、というか。
でもそういうとこ、最高にラブリーなのだ!

部屋で別れたカノジョの下着見つけちゃって、ぐすん。のキリアンとか。
仕事辞めてやるー!と、やけくそでレジに乗っちゃうキリアンとか。
エニグマ(香水)をくんくんしちゃうキリアンとか。
フツウにコーヒーにブラウンソース入れちゃうキリアンとか。
長すぎる袖握りしめて走っちゃうキリアンとか。
コウフンして声かすれちゃうキリアンとか。
キリアンとか。
キリアンとか。
キリアンとか・・・


えー、原題『intermission』の意味を考えてみる。マジメに。笑
「休止」とか「幕間」とか「合間」、そんな意味みたいだけど。

人と人との関わり、そして隔たり。
その間を埋めているものが、「愛」。
きっと、そんな意味が込められてるんじゃないかなぁ、なんて。

邦題とは程遠いような気はするけども。
オープニングいきなり、コリン・ファレルさんだけは「上等!!!」な感じなので、よしとする。

そしてこの映画といえば。
やっぱりこの絵が強烈な印象を残すんでしょうか。笑

f0194546_1313090.jpg
この異様さ。笑
コレ↑が何かは、観てのお楽しみ~。

エンディングは、コリンさん熱唱のクラッシュ「I Fought the law」も、なかなかイイ。
コレを歌ったことで、コリンさん救われたかな~。
ということで、全員あまりにもオモシロイんで、キロク★はトーゼン5つ!


← 人気ブログランキング ポチッと応援くださいな☆

← 映画ブログランキング ポチッと応援くださいな☆


[PR]
by samepoooo | 2008-10-24 23:39 | 映画 た行
<< 『殺したいほどアイ・ラブ・ユー』 『イントゥ・ザ・ワイルド』 劇場にて >>