<   2009年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
『HE'S JUST NOT THAT INTO YOU(原題)』
f0194546_21501176.jpg2009年 アメリカ
原題: HE'S JUST NOT THAT INTO YOU
監督: ケン・クワピス
原作: グレッグ・ベーレント、リズ・タシーロ
「そんな彼なら捨てちゃえば」「恋愛修行」
出演: ベン・アフレック、ジェニファー・アニストン、ドリュー・バリモア、ジェニファー・コネリー、ケヴィン・コナリー、ブラッドレイ・クーパー、ジニファー・グッドウィン、スカーレット・ヨハンソン、クリス・クリストファーソン、ジャスティン・ロング
系統: コメディ/ロマンス
公式HP

                   さめ的この映画のキロク: ★★★★☆

さめ的この映画のココロ: 今回は、映画のレビュというより、
初めて訪れた外国の映画館の印象など、すべてをひっくるめた感想にしたいと思ってます。
だってね、当たり前だけど字幕ないしねー爆

アメリカへ来たからには、何か一つ映画を観て帰りたい!と思っていて。
何の映画にするかは、いろいろ悩みました。
候補として挙げていたのは・・・

『TWO LOVERS(原題)』・・・ホアキン・フェニックス出演は最後になる映画。
『PUSH(原題)』・・・ポール・マクギガン監督のSF。
『HE'S JUST NOT THAT INTO YOU(原題)』・・・いろんな人、いっぱい出てるからね。
『CROSSING OVER(原題)』・・・ショーン・ペン出るからね。

いちばん観たかったのは、『PUSH』
なぜなら字幕がないので、単純に非日常的なSFとかアクションとか、
そっち系で攻めてみようかと。笑

でもね、単館系だったのかしら。
さめが行ったボルチモアのシネコンでは、『HE'S JUST~』しか上映がなかったの。
日本でも公開目前の『スラムドッグ$ミリオネア』と相当迷ったのだけども、
結局鹿児島では公開されなさそうな『HE'S JUST~』をチョイス。

予想するにこの映画。
単純に登場人物が多く、さらには会話が日常的であるのは必定。
理解がやや困難だろうと覚悟はしていた。

けども、コレ。
実はかなりコメディだったおかげで、全てを理解できずとも、結構笑えた。

元々は、全米でベストセラーになった同名小説の映画化で、
原作は『SEX AND THE CITY』の脚本家二人の共著である。

f0194546_14564287.jpg

↑ 勢いあまって、ノベライズ本、買っちゃったのよ。笑

でもって日本へ帰って後から調べたら、すでに日本語訳の本は出版されていて、
公開予定の映画にも『そんな彼なら捨てちゃえば?』っていう邦題がついてるみたい。

でもさめは思った。
この邦題、この映画に付けるにはどうなんだろう。

「He's just not that into you」→「彼はあなたにその気がない」
何の前情報もなかったけど、さめは映画を観て、こう理解をした。

彼にその気がないんなら、そんな彼捨ててさっさと次行っちゃいなさい!
という教訓的なものを含む(のだろう)本での訳ならそれでいいと思うんだけど、
少なくともこの映画には、そう教訓じみたものは感じなかったから。

実はこの映画、まさにさめが訪れたボルチモアが舞台になっていて、
20~30代男女の、デート程度の軽い関係から
結婚がからむディープな問題、さらには不倫関係までを、群像劇タッチで描いていく。
時折観客に問いかける質問のシーンが物珍しく、
教訓といえば教訓だったのかもしれないけど。

キャストはほんと、豪華だよね。
それだけに役者一人ひとりの勝手なイメージがついて回って、やや違和感は覚えつつも、
存在感がやたら大きい彼らを、最後はうまくまとめ、
さらには爽快感までプラスしたのは、すごいと思ったかな。

ただ言えることは、これは「女の映画」である。
いくら男性と女性の共著が原作で、男の目線も充分入っていたとしても、
やはりこれを観ておもしろいと感じたり、得ることがあるのは、女だろう。
男の人は・・・身に覚えがありすぎて、そりゃもう観ていらんないだろうな。笑


というわけで長くなっちゃったけど。
とにかくビックリしたのは、ポップコーンの大きさ!
「small please」って言ったはずなのに、渡されたのは特大サイズ。
largeって言ったらどんなのが出てくんのか、コワイ。笑
しかも、フツウの茶色い紙袋にてんこ盛りなって出てくんの。
油が染みて、タイヘーン。笑

基本的には、日本のシネコンとそう大きな違いはないと思ったけど、
向こうは映画、大人でも$10で観れちゃうのね!
ま、ポップコーンsmall+ミネラルウォーターが$10だったんだけどね。笑

いい経験させてもらいました☆


← 人気ブログランキング ポチッと応援くださいな☆

← 映画ブログランキング ポチッと応援くださいな☆


[PR]
by samepoooo | 2009-07-30 22:13 | 映画 は行
耳が悪くなった頃とその後も知らんふりして観た映画たち。笑
ブログ終了します、って言ったそばからこんなん上げてるんだけど。爆
若干書き留めてたのがあったので、ここまで上げさせてください。


話は4カ月ほど前にさかのぼるんだけども。
以下いつものように、順調に観てってました。

『スルース』  ★★★★★
『マルタのやさしい刺繍』  ★★★★☆
『宮廷画家ゴヤは見た』  ★★★★☆
『フィクサー』  ★★★☆☆
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』  ★★★☆☆
『ザ・プレイヤー』  ★★★☆☆
『ブラッド・シンプル』  ★★★★☆
『ロスト・ハイウェイ』  ★★★☆☆

が、なんか調子がおかしいな、と。
んで病院行ったら、アナタ難聴デスヨ、と。

がーん。

ここで一時観るのを断念。
まさか見納めが『ロスト~』になるなんて。
そうとわかればもっとましなの観たのに。泣


約1カ月後・・・耳のこともかえりみず、
終了間際の以下3本↓を観に、果敢にも立て続けに映画館へ通ったところ・・・

『スラムドッグ$ミリオネア』 (劇場にて)  ★★★☆☆
『バーン・アフター・リーディング』 (劇場にて)  ★★★★☆
『グラン・トリノ』 (劇場にて)  ★★★★★

ヒドイ耳鳴りが再発。倒
特に『スラムドッグ~』のBGMが最強に耳に悪く、撃沈。
ダニー・ボイル監督、さめ的にこの映画もダメだった。爆

今思えば、結構無理して観に行った『グラン・トリノ』は、
今んとこ今年のベスト1だな。
まじで、よさすぎた。

『バーン~』はコーエン兄弟にしたら、パンチが足りなかった感が。悪くはないけど。

残念ながら、『デュプリシティ~スパイは、スパイに嘘をつく~』
を観に行くには至りませんでした。泣


そしてまた、しばし間を置く。

『BOY A』  ★★★★★
『アンダーカヴァー』  ★★★★☆
『コッポラの胡蝶の夢』  ★★★☆☆
『デイ・オブ・ザ・デッド』  ★★★★☆
『天使と悪魔』 (劇場にて)  ★★★★☆
『セブンティーン・アゲイン』 (劇場にて)  ★★★★☆+マニア★★
『ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR』  ★★★★☆
『ブレードランナー』  ★★★☆☆
『ある公爵夫人の生涯』 (劇場にて)  ★★★★☆
『消されたヘッドライン』 (劇場にて)  ★★★☆☆
『彼が二度愛したS』  ★★☆☆☆

それにしても、結局鹿児島では公開されなかった『BOY A』だけど。
心に残る映画のひとつとして覚えておきたい。
これから都心に引っ越すんで、こういう単館系が映画館で観られるようになると思うと、
これはかなりうれしい出来事のひとつ。

そして。
この時点の今年のベスト2にしちゃってもいいですか?
『セブンティーン・アゲイン』・・・爆
ザック・エフロンとさめのための映画でした。爆
まぁそれぐらい、今年はグッとくる映画があんまない気が。


観たくて観たくてしょうがないのを、ずっとずーっとガマンし続けたおかげで、
だいぶ、ペースダウンできるようになりました。(何の報告や。)
せっかく耳も完全復活したのだけども、
今んとこ、映画館に行くのは別にして、DVDも週に1本観ればいいかな。

つーわけで、さらにその後1か月くらいで以下。

『画家と庭師とカンパーニュ』  ★★★★☆
『ヘルライド』  ★★★★☆
『愛を読むひと』 (劇場にて)  ★★★★☆
『トランスフォーマー』  ★★★★☆
『バウンド』  ★★★★☆
『トランスフォーマー/リベンジ』 (劇場にて)  ★★★★★
『ハリーポッター 謎のプリンス』 (劇場にて)  ★★★★☆

いやぁ、『セブンティーン~』を抑えて、 当たり前や!
今年のベスト2に躍り出たのが、『愛を読むひと』
国がちぐはぐという違和感さえのぞけば、スバラシイ映画だったと思っている。
こんな感じの重みの映画は非常に好みなんである。
男のコ、カワイイし。 へ?
映画館でわんわん泣いてもうた。(ハンカチ持ってくの忘れてもうた。爆)

後はそうね、なんだかんだで『トランスフォーマー/リベンジ』も外せなかったわ。
シャイア・ラブーフ、最高!
マイケル・ベイ、最高ッ!
あのもう、最後のごっちゃごっちゃなって何が起こってんだかさっぱりな描写が。笑
『バッドボーイズ2バッド』のポスターをいやらしく貼ってるあたりが。笑

つーわけで、まだ『ノウイング』観に行ってないです。
『トランスポーター3』もそろそろ始まるな、と。

あ。『そんな彼なら捨てちゃえば?』も今週末からか。
3月にアメリカで観て、レビュしたけどまだ上げてないな、とか。
それまで上げたら、ほんとにこのブログも終了かな。笑


← 人気ブログランキング ポチッと応援くださいな☆

← 映画ブログランキング ポチッと応援くださいな☆


[PR]
by samepoooo | 2009-07-28 20:42 | 未レビュ映画
その後のさめのこと
・・・おひさしぶりです。照

再び再登場のタイミングがつかめず、 ←日本語ヘンだから。
いっつもPCの前でもじもじしては、パタリと閉じる日々でした。 ←ウソ

前回のさめのことを書いたときは、今考えると少し調子が良くなっていたときで、
あれから再び聴力がガクンと落ちる時期に突入していました。
けれどもその後も容赦ないカンファのローテーションは続き、
耳鳴りもより一層激しくなってしまい、すべての機能がダウンしてしまいました。

それでもよれよれになりながら、新しく始めた勉強だけは欠かさずにいました。
やりたいことは、何がどうあってもやらなきゃ気が済まないこの性格。
きっと病気もあきれて出て行っちゃったのだと思います。

おかげさまで、おかげさまで、今は元気でいます。

あたたかい励ましのお言葉、本当にありがとうございました。


ゆうべ、ソファに腰掛けて、放っぽっていたカメラをふと手にとってみたら、
急激にその感触が懐かしくなり、少しだけ撮りました。

来月の今頃は、もうこの部屋はないんだ、という実感とともに。

f0046615_16502525.jpg

・・・さめさん、なんか突然引っ越すことになっちゃいましたがよ。
横浜へ。
この歳になって(結婚以外で)上京というのもどうかと思うんだけども。爆


さめの状況も、かなりの勢いで変わろうとしています。
虫の知らせというわけではないけども。
ここ最近、妙に懐かしい人がふとさめのまわりに現れます。(霊とかじゃないよ)笑

やんちゃしてた頃の彼氏とか。 (子供たくさん連れてました。)
無条件に楽しいことだらけだった悪友とか。 (未だに浪人してるっぽかった。)
10年以上行方知れずだった友だちとか。 (今日再会します!)

まるであたしが去ることを知っているかのように。


今まで作り上げてきたものたち、
今まで大切にしてきたものたち、
それらを置いて行くのは心が引き裂かれるようだけども。

なんか今はきっと、そういうタイミングなんだと思う。

ずっと止まっていたブログ。
こんな移動のタイミングなのに再開したくなってきたのも、
それもまたタイミングと思って。笑


さて。
3つあるブログですが、これを機に1つにまとめることに決めました。
どのブログにまとめるかは、もうこれは自然なことだと思います。


「快適*気まま生活」 http://samepoo.exblog.jp
すべてはこのブログから始まりました。
またここに戻ろうと思います。


映画、難聴になってからパッタリと観れなくなり、
治りかかった頃、果敢に観てしまったりしていました。爆
・・・止められなかったんですねぇ、衝動は。笑
まぁ、でも確実にペースダウンはしました。
ていうか、ペースダウンすべきだった、というか。爆

その後、観た映画はもうここには書きません。
今は、生活のペースに合わせて無理なく観ています。
これから何かを観て、どうしようもなく言いたいことが出てきたら、
「快適*気まま生活」にきっと書くと思います。笑
短い間でしたが、今までありがとうございました。


← 人気ブログランキング ポチッと応援くださいな☆

← 映画ブログランキング ポチッと応援くださいな☆


[PR]
by samepoooo | 2009-07-27 17:57 | 映画的近況