タグ:ホアキン・フェニックス ( 4 ) タグの人気記事
さめの映画的近況 続き
レビュするヒマがない、と言いつつ、結局こんなん書いてしまうし。
いや、明日、カンファなのよ。爆

さて、それではきのうの続き、いってみましょう。

④公開が楽しみな映画

『ファニーゲーム U.S.A.』・・・12/20公開

f0194546_10332658.jpg
ミヒャエル・ハネケ監督の問題作。
目的はもちろん、マイケル・ピットくん!
リメイクなので、かなりヤバイ映画だということは
一応わかっているのだけども、爆
マイケルくん、やっぱりかなりイイらしい。 ←あくまでもさめ的に。


『ワールド・オブ・ライズ』・・・12/20公開

f0194546_10335327.jpg
リドリー・スコット監督、好きです。
ディカプリオ×ラッセル・クロウ
大作なので、宣伝をうのみにすることなく、期待せずに、
・・・やっぱり期待してます。笑

ていうか邦題。
変えなくていいのに。笑


『アンダー・カヴァー』・・・12/27公開

f0194546_10341875.jpg
目的はただひとつ!ホアキン・フェニックス!
映画としては残り少ない、彼の貴重な作品ですから。

ていうか邦題。
ほんと変えなくていいのに。
ていうかそのまんまだし。笑

ていうか、↑といい、
潜入捜査系、ほんと多いな。笑


『チェ 28歳の革命』・・・1/10公開
『チェ 39歳 別れの手紙』・・・1/31公開

f0194546_10343791.jpg
ベニチオ・デル・トロ主演、二部作。
スティーヴン・ソダーバーグ監督、
というのがさめ的にややビミョウなところではある。笑
映像的にも激しそうだけど、デルトロが気になりすぎる。
二つめにはマット・デイモンもカメオ?っぽいし。笑


『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』・・・2/7公開

f0194546_10345676.jpg
ブラッド・ピット×ケイト・ブランシェット
そんなキャストなら、観なきゃでしょ。
なにやらブラピ、かなり美しいらしいし!笑



バイオレンス系好き?
と言われてもしかたない感じのセレクト。爆

来年のことを言うと、鬼が笑うね~。


← 人気ブログランキング ポチッと応援くださいな☆

← 映画ブログランキング ポチッと応援くださいな☆


[PR]
by samepoooo | 2008-12-04 20:21 | 映画的近況
『誘う女』
f0194546_1251498.jpg1996年 アメリカ
原題: TO DIE FOR
監督: ガス・ヴァン・サント
出演: ニコール・キッドマン、マット・ディロン、ケイシー・アフレック、イレーナ・ダグラス、アリソン・フォランド、ダン・ヘダヤ、ウェイン・ナイト、ホアキン・フェニックス
系統: サスペンス

さめ的この映画のキロク: ★★★★☆


あらすじ: 子供の頃からスターを夢見ていたスーザンは、
“テレビに映らなければ生きている意味がない”そんな価値観の持ち主。
お天気キャスターの座を得、さらなる目的のために夫が邪魔だと気付いた彼女は、
自分に憧れる高校生ジミーをそそのかし、夫を殺そうとするのだが・・・

さめ的この映画のココロ: アメリカで実際に起こったという殺人事件を元に、
ガス・ヴァン・サント監督が映画化。
『カウガール・ブルース』でコケて以降のヒット作。

ただ単に、起こった殺人事件を描いただけでなく、
どこかシニカルささえ漂わせた、独特の雰囲気のサスペンス映画である。

が。
さめ的には、前作『カウガール・ブルース』同様、女優さんが・・・ダメでした。爆
いや、きっとそういう印象でいいんだと思うんだけど・・・
それにも増して個人的に、二コール・キッドマンさんが・・・ニガテなんである。爆
さらには・・・頼みの男優、マット・ディロンさんまでもがニガテだったりする。爆
もうどうしようもない。笑
それにしても、マットさんはヴァンさんちによく出てくるよな。

とはいえあの二コールさんの、あふれんばかりの美貌と妖艶な誘惑、
非情なまでの振る舞いは・・・正直恐ろしいほどのインパクトを残した。

そして、特記すべきはホアキン・フェニックスでしょう。
こんな風に言うのはどうかとも思うんだけど、
リヴァーの魂が宿ったかと思った。

少しカールがかった長めの髪に、たくましい体つき。
明らかにリヴァーとは違うんだ。
儚さが魅力だったリヴァー。
ホアキンは、存在感、か?

若干イタイ雰囲気を出しつつ、でも、なんなんだ、あの色気は。
あの長いまつげも。
やられた・・・倒

映画とは関係ない話になってしまうけども、
レビュしようとしていて、わりとタイムリーな情報だったので。

ホアキン・フェニックス。
俳優としての引退宣言をされたようですね。

・・・なんということ。

かなりのショックを受けている、さめさん。
なんでこんなに早く去って行かなきゃなんないんだー。
なんで兄弟してこんなに切なくさせるんだー。
悲しいことに、これこそが魅力なのかもしれません。

・・・映画でしたね。
一瞬だけども、彼らの姉妹レイン・フェニックスも出てきます。

エンドロールにかぶせた、スケートのシーン。
なんか他人事みたいで、好きでした。
キロク★は、4つで。


← 人気ブログランキング ポチッと応援くださいな☆

← 映画ブログランキング ポチッと応援くださいな☆


[PR]
by samepoooo | 2008-10-31 20:18 | 映画 さ行
『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』
f0194546_10584823.jpg2001年 アメリカ
原題: HEDWIG AND THE ANGRY INCH
監督: ジョン・キャメロン・ミッチェル
出演: ジョン・キャメロン・ミッチェル、マイケル・ピット、ミリアム・ショア、スティーヴン・トラスク スキシプ、セオドア・リスチンスキー、ロブ・キャンベル、マイケル・アラノフ、アンドレア・マーティン、ベン・メイヤー=グッドマン
系統: ドラマ/ミュージカル
公式HP

さめ的この映画のキロク: ★★★★★+マニア★★

あらすじ: 旧東ドイツに生まれたハンセル(♂)の夢は、
自由の国アメリカでロックスターになること。
米兵(♂)に結婚を申し込まれた彼は性転換を決意するが、
あろうことか手術ミスにより、股間には怒りの1インチ(アングリーインチ)が残ってしまう。笑
渡米後米兵に見捨てられ、ヘドウィグと名前を変えた彼(♂?♀?)は、ロックバンドを結成。
ある日、同じ夢を持つ17歳の少年トミー(♂)に出会い、ロック魂そして愛情をも注ぐのだが・・・

さめ的この映画のココロ: この映画。
↑からは想像つかないかもしれないが、めちゃくちゃイイ映画なのだ。
どうやら舞台でえらい何年も人気のあったロックミュージカルを映画化したもの、らしい。

なんかジャケットもスゴイ顔やし、タイトルも意味わからんし、若干ビビりながら観ましたの。
ロックなんて興味ないんだけど~と思ってたのが、大まちがい。
最高にカッコイイ!と思わせてくれる映画でした。

ていうかどっかで同じようなのを・・・
『プルートで朝食を』のキリアンやんけ!(レビュが遅れてますが。爆)
そうです、同じく、オカマちゃんががんばるお話なのです。笑

男でありながら女顔負けの格好をし、それを隠すことも、恥じることもしない。
でも股間には1インチ、残。笑
そんな1インチに怒りと悲しみを込め、
性的にも精神的にも自分のことを理解してくれる「片割れ」を探し続ける。

監督兼ヘドウィグ役のジョン・キャメロン・ミッチェルさん、スゴイ演技だった。
最高のドラァグクィーン!
こりゃキリアンもビックリだよー笑

男でありながら男になりきれない。
女でありながら女になりきれない。
現代の多くのそんな人々なんかにくらべたら、
ヘドウィグの方が、ずっとずっとカッコイイ生き様だと思う!

で、ね、オモシロイのが。
ヘドウィグの夫イツハク(もちろん♂)を演じていたのが、なんと♀の人だった、ということ!
途中、なんかこの人、声も高いし女っぽいなぁ、でもこのヒゲで女はないよなぁ・・・
と思っていたら案の定。笑(舞台でもこの人が演じていたそう。)
このイツハクとヘドウィグのエピソードは、残念ながら映画ではカットされてしまったみたいで、
(イツハクがウィッグをかぶるシーンの謎)
少し深いわけがありそうなんだけど、ココでしゃべると長くなるから割愛。笑

結局最後、ヘドウィグはウィッグを外し、ドレスを脱ぎ捨て、素のままで歌う。
その姿は、決して美しいものではなかったが、
ヘドウィグの中で、男も女もない、性別をも超越した何かが生まれたのだろう。
まさにそれこそ、彼?彼女?が求め続けていた「片割れ」だったんじゃないだろうか。

で。笑
特記すべきは、マイケル・ピットくん。(右)

f0194546_1525011.jpg

実はほんとにミュージシャンでもあるこのコも最近、お気に入りなのです。
(ガス・ヴァン・サントさんちでもよく出てくる。笑)
この映画では、ヘドウィグに愛されロック魂を宿される、トミー・ノーシスを演じてます。
美少年です。
あのね、小さい頃のホアキン・フェニックスを思わせません?
小さいまんま大きくなった、みたいな。
幼少のホアキンくん好きなさめさんとしては、たまらないコです。笑
だもんで、とーぜんキロク★5つ!


[PR]
by samepoooo | 2008-10-17 22:14 | 映画 は行
『バックマン家の人々』
f0194546_13544046.jpg1989年 アメリカ
原題: PARENTHOOD
監督: ロン・ハワード
出演: スティーヴ・マーティン、メアリー・スティーンバージェン、ダイアン・ウィースト、リック・モラニス、トム・ハルス、マーサ・プリンプトン、キアヌ・リーヴス、ジェイソン・ロバーズ、ハーレイ・ジェーン・コザック、リーフ・フェニックス、デニス・デューガン、ポール・リンク
系統: ドラマ

さめ的この映画のキロク: ★★★★☆

あらすじ: アメリカの中流階級家庭、バックマン一族の日々、
苦悩、笑いをつづった、ファミリードラマ。

さめ的この映画のココロ: まぁ、よくあるアレです。
心温まる系なファミリードラマ。

一族の中にもいろんな家庭があって、
娘の英才教育に狂ってみたり、
息子さんを精神科に入れた方がいい、と学校に呼び出されてみたり、
お金にだらしない息子を許す父親がいたり、
しようもない男との間に子供ができちゃった娘がいたり、
いつも謎の紙袋抱えて(中身は・・・笑)出かけてく多感な息子がいたり、
とにかくいろんなことが巻き起こります。

その中で、おばあちゃんが人生をジェットコースターに見立て、
すごくいいことを言っていました。

あたしはジェットコースターが好き。
メリーゴーランドなんて、あんなのただ回るだけ。
山もあって谷もあって、胸がつぶれるほどに怖いけど、
ジェットコースターの方がずっとずっとおもしろい、と。

このことは、おそらくこの映画全体の主題になるんじゃないのかな。
そして原題にも通じるんじゃないかな。
「parenthood」親であること。
親だって、一人の人間だ。
決して完璧じゃない。
子どもを育てるって、本当に大変なことなんだなぁ、と。

f0194546_2294935.jpg

で、ね。ニヤリ。

書きたかったのは、このコです、リーフ・フェニックス。(イチバン左端よーん)
リヴァー・フェニックスの弟だ。
彼はこの映画の後、しばらく活動を休止、兄リヴァーの死を経て後、
ホアキン・フェニックスとして復帰、現在活躍している、のだけども。

当時15歳(くらい?)のホアキンくんは、かすれ声でほんっとにかわいいの。
(リヴァーとは明らかに路線はちがうけど、やはり、やはり弟です。笑)
この後しばらくの映像がないのは、残念よー。

他にも、さめ的にウレシイ配役ぞろい。
お母さん役は、『ギルバート・グレイプ』で、
ジョニーの愛人だった、あの人だし。(ちょうどド真ん中)

恋人同士役のマーサ・プリンプトンにキアヌ・リーヴス。(ホアキンの上あたり)
当時、マーサはリヴァーのカノジョでしょ。
キアヌさんはリヴァーの親友でしょ。(あ、まだこの頃はちがうのかな?)
きゃーどゆことーですかー。謎
しかもホアキンくんが見てますよー笑
この辺の前後関係、どうなってんだろー謎   ←どうでもいいこと。爆

それはそうと、キアヌさん。
さめ的にもんのすごくオモシロイ人。
頭弱そーな役やらしたら、天下一品のような気がします。笑
というわけで、出演者陣により、キロク★は4つー。


[PR]
by samepoooo | 2008-10-15 20:11 | 映画 は行