タグ:マイケル・ピット ( 6 ) タグの人気記事
『ドリーマーズ』
f0194546_17525069.jpg2003年 イギリス/フランス/イタリア
原題: THE DREAMERS
監督: ベルナルド・ベルトルッチ
原作: ギルバート・アデア 「ドリーマーズ」
出演: マイケル・ピット、エヴァ・グリーン、ルイ・ガレル、ロバン・ルヌーチ、アンナ・チャンセラー、ジャン=ピエール・カルフォン、ジャン=ピエール・レオ
系統: ドラマ/青春/エロティック(R-15)
公式HP

さめ的この映画のキロク: ★★★★★+マニア★★

あらすじ: 1968年、五月革命に揺れるパリ。
アメリカ人留学生マシューは、激動のシネマテーク・フランセーズで、
双子の姉弟イザベルとテオに出会う。
映画の話で盛り上がり意気投合した三人は、
両親が留守の姉弟の自宅で、いつしか共同生活を始める。
それは、激動の外の世界とは全くかけ離れた、危うい戯れだった・・・

さめ的この映画のココロ: ずっと観たかったこの映画。
さめのよく行く某レンタル店に唯一1本だけあるのは知っていた。
が、いつ何時行っても・・・レンタル中。
待つこと3ヶ月、この度やっと祝レンタル!苦笑

この映画、置いてあるジャンルは→「エロティック」(さすがにあの、隔離されてる場所ではないよ。禁)

ていうか、誰が3ヶ月も借りとんじゃーっ!爆
ていうか、そんなこぞって借りるような映画なのかーっ!笑

・・・ちなみに。
さめの目的は、マイケル・ピットくん。
えぇ、一応予想はしてましたよ、スゴイ映画だと。
が、ココまでスゴイとは・・・

何がスゴイて・・・性的描写。爆

監督は、『ラストエンペラー』『リトル・ブッダ』で知られる、ベルナルド・ベルトルッチ。
『ラストタンゴ・イン・パリ』と聞けば、あ~!と納得される方もいるのかもしれない。

いやいや、ていうか。
『28日後...』のキリアンにキャーキャー言ったような、
そんなさめさんのへなちょこレベルじゃありません。
マイケルくん、ほんとスゴイから、ソレ!
(コレはもう、観た人だけが知ることにしておきたい。笑)
その自信と勇気を讃えます。笑
ていうかさめさん、モザイクかかってる映画、初めて観ちゃったよ。爆

f0194546_18171950.jpg
でもねぇ、フシギと不快感がないんだよね。
逆に、美しいとさえ思ってしまった。
というのも、共演者のエヴァ・グリーンと
ルイ・ガレル。
一卵性双生児を演じた
この二人の魅惑的演技が秀逸だ。
そしてこの二人の間にマイケルくんを
持ってきたのは、実にアタリだと思った。

さめさん、マイケルくんには
官能美的なものがあると、ひそやかに思っている。
彼には絶対、フツウの青年役など似合わない。
ある程度マッドな役じゃないと!笑


と、のっけからヘンなことばかり書いてしまったのだけど、
そんな性的描写だけではないのだ、この映画は。
本当にさまざまなテーマを投げかけている。

舞台は1968年、パリ。
五月革命に揺れる、激動の時代だ。
シネマテーク・フランセーズ創設者のラングロワ解任により、
映画を愛する学生や映画関係者たちが集い、激しい抗議。

一方、ベトナム戦争に苦しむアメリカ。
兵役を避け、逃げるように留学してきたアメリカ青年。

一卵性双生児姉弟の性愛、親と子の葛藤。

そして、数々の偉大な映画に対するオマージュを、
三人のシネフィルの記憶をたどることで、ささげている。

『勝手にしやがれ』のジーン・セバーグが、
シャンゼリゼ通りで「ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン!」と声をあげるシーン。

『はなればなれに』のアンナ・カリーナら三人がカフェで踊るシーン。
ルーブル美術館を走り抜けるシーン。

さめさん分かったのはこれくらいで、実は半分も分からなかったのだけども、
三人がこれらシーンの模倣をしてみせる。
この辺は、映画好きにはたまらない演出かもしれない。

ヌーヴェルヴァーグ・・・シネマテーク・・・シネフィル・・・
映画好きでないと分からないこともたくさんだったけども、
さめにはかなりいい映画の勉強になりました。(しかも、マイケルくん付きで。笑)
映像も好みだったし、いろんな意味でかなり好きな映画でした。


ていうか話は戻るけど。
みんな、こういう(エロい)映画とわかってレンタルしてんのかな。
もしくは、本当の映画好きが知ってて借りるんだろうか。
ジャケ借り(?笑)しそうなジャケットでもないしなぁ。苦笑
マイケルくんファンがそういるとも思えないし。爆
エヴァ・グリーン目当てな男子は、確実にいる!笑

うーん。謎だ。
とりあえず。
この映画のレンタル状況は、これからも行く度チェックすることにしよう。笑

R-15指定、そういうシーンがほとんどです。爆
ニガテな方は要注意!
でもさめは全然ヘーキ。笑
文句なしのキロク★5つです。(注:文句は受け付けません。笑)


← 人気ブログランキング ポチッと応援くださいな☆

← 映画ブログランキング ポチッと応援くださいな☆


[PR]
by samepoooo | 2008-12-10 18:23 | 映画 た行
さめの映画的近況 続き
レビュするヒマがない、と言いつつ、結局こんなん書いてしまうし。
いや、明日、カンファなのよ。爆

さて、それではきのうの続き、いってみましょう。

④公開が楽しみな映画

『ファニーゲーム U.S.A.』・・・12/20公開

f0194546_10332658.jpg
ミヒャエル・ハネケ監督の問題作。
目的はもちろん、マイケル・ピットくん!
リメイクなので、かなりヤバイ映画だということは
一応わかっているのだけども、爆
マイケルくん、やっぱりかなりイイらしい。 ←あくまでもさめ的に。


『ワールド・オブ・ライズ』・・・12/20公開

f0194546_10335327.jpg
リドリー・スコット監督、好きです。
ディカプリオ×ラッセル・クロウ
大作なので、宣伝をうのみにすることなく、期待せずに、
・・・やっぱり期待してます。笑

ていうか邦題。
変えなくていいのに。笑


『アンダー・カヴァー』・・・12/27公開

f0194546_10341875.jpg
目的はただひとつ!ホアキン・フェニックス!
映画としては残り少ない、彼の貴重な作品ですから。

ていうか邦題。
ほんと変えなくていいのに。
ていうかそのまんまだし。笑

ていうか、↑といい、
潜入捜査系、ほんと多いな。笑


『チェ 28歳の革命』・・・1/10公開
『チェ 39歳 別れの手紙』・・・1/31公開

f0194546_10343791.jpg
ベニチオ・デル・トロ主演、二部作。
スティーヴン・ソダーバーグ監督、
というのがさめ的にややビミョウなところではある。笑
映像的にも激しそうだけど、デルトロが気になりすぎる。
二つめにはマット・デイモンもカメオ?っぽいし。笑


『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』・・・2/7公開

f0194546_10345676.jpg
ブラッド・ピット×ケイト・ブランシェット
そんなキャストなら、観なきゃでしょ。
なにやらブラピ、かなり美しいらしいし!笑



バイオレンス系好き?
と言われてもしかたない感じのセレクト。爆

来年のことを言うと、鬼が笑うね~。


← 人気ブログランキング ポチッと応援くださいな☆

← 映画ブログランキング ポチッと応援くださいな☆


[PR]
by samepoooo | 2008-12-04 20:21 | 映画的近況
『シルク』
f0194546_1033598.jpg2007年 カナダ/フランス/イタリア/イギリス/日本
原題: SILK
監督: フランソワ・ジラール
原作: アレッサンドロ・バリッコ 「絹」
出演: マイケル・ピット、キーラ・ナイトレイ、役所広司、芦名星、中谷美紀、アルフレッド・モリナ、國村隼、本郷奏多、ケネス・ウェルシュ、マーク・レンドール、カラム・キース・レニー
系統: ロマンス/ドラマ(PG-12)
公式HP

さめ的この映画のキロク: ★★☆☆☆

あらすじ: 19世紀フランス。戦地より戻った青年エルヴェは、
エレーヌと結ばれ、結婚、幸せの真っ只中にいた。
その頃、彼らの住む村では製紙工場が稼働するが、蚕の疫病が発生してしまう。
世界で最も美しい蚕の卵を求め、エルヴェは極東の国、日本へと旅立つことを決意。
幕末の日本、闇の蚕業者、原十兵衛の村へたどり着いたエルヴェは、
絹のような肌を持った十兵衛の妻と運命的な出会いを果たす。
帰国後も彼女のことが頭を離れないエルヴェは、再び日本へと向かうのだが・・・

さめ的この映画のココロ: ベストセラー小説の映画化。
そして、マイケル・ピットくんのわりと新作、なのだけども・・・
さめの三大ニガテ女優の一人である、キーラ・ナイトレイとの共演、
ということで、観る前からだいぶ覚悟をしていた映画。
そもそもジャケット(右下あたり)からして、気に入らないっ!怒
マイケルくんとキーラが全然似合わない!と個人的に思う。爆

だけども結果、キーラがどうこうよりも、映画自体に疑問を感じてしまった。
全体として重苦しい雰囲気なのに、どこか希薄。
というのも、ヨーロッパから日本への当時相当大変だっただろう長旅を、
あれだけいとも簡単に描かれてしまうと、なんか違和感がある。
鹿児島から国分へ行くんじゃないんだからさぁ。 ←たとえがわかんないって!笑

問題だったのは・・・おそらくキャスティング。
役所広司さんや中谷美紀さん、日本人の面々はよかった。
かわいそうなことになってしまった少年なんか、すごくいいし、
特に中谷美紀の異国でのあの威厳、流暢な長ーい英語のセリフには驚いた。

百歩譲って、キーラもいいとする。 ←なんちゅう上から目線。笑
問題なのはたぶん・・・マイケルくんなのだ。
さめはマイケルくんのことは大好きだけども、この役だけはどうしても許せない!
どうしてこの役に彼を起用しないといけなかったんだろう。
イメージがまったく違うんだ。
マイケルくんのことが好きなだけに、
良さが全然生かされていないと思うと、腹が立ってしようがない。

どうせなら、異国の女に惚れ込んじゃって入り浸り、
妻にはつらく当たる、くらいのどうしようもない男の方が、似合うと思うんだけど! ←オイオイ
・・・て、こういう原作だからどうしようもないんだけどね。爆

旦那の浮気を知りながらも帰りを待ち詫び、
あげくの果てには病気になってしまったキーラの方にむしろ、同情の念が。

そして最大の問題は、この映画で何が描きたかったのかだ。
キャッチコピーなどから想像するに、異国と故郷との間で揺れる、心?
・・・どこをどう観ても、揺れ動きすら感じられない。

必要以上に露出した絹のような(絹のようか?爆)肌と、
そこにまとわりつく温泉の湯けむりで、
すべてを誤魔化したように思えてならない。

原作を読んで、映画とのギャップを確かめたい気もするけど・・・それもねぇ。
ごめん、キロク★は2つです。

マイケルくん。
日本では来月、『ファニーゲーム U.S.A.』の公開が控えている。
こちらは、か~なりアブナイ役。
映画的にはちょっと・・・な気もしないでもないが、
マイケルくんにはまさにハマり役!と思って期待している。


← 人気ブログランキング ポチッと応援くださいな☆

← 映画ブログランキング ポチッと応援くださいな☆


[PR]
by samepoooo | 2008-11-11 18:55 | 映画 さ行
『BULLY ブリー』
f0194546_12132925.jpg2002年 フランス/アメリカ
原題: BULLY
監督: ラリー・クラーク
原作: ジム・シュッツ 「なぜ、いじめっ子は殺されたのか?」
出演: ブラッド・レンフロー、ビジュー・フィリップス、レイチェル・マイナー、ニック・スタール、マイケル・ピット、レオ・フィッツパトリック、ケリ・ガーナー、ダニエル・フランゼーゼ
系統: ドラマ/犯罪(R-18)

さめ的この映画のキロク: ★★☆☆☆


あらすじ: 南フロリダに住む少年ボビーとマーティは幼馴染み。
裕福に育ったボビーとは対照的に、マーティは高校の落第者。
一見親友同士に見える彼らだったが、
実はボビーが一方的にマーティを支配するという、異常な関係。
それに気づいたマーティの彼女は、ボビーにある提案を持ちかける・・・

さめ的この映画のココロ: アメリカで実際に起こった、10代の少年犯罪を映画化。
まずは、冒頭いきなり。
ブラッド・レンフローの刺激的すぎる言葉と、ナイフのような冷たい顔にそそられる。

どこにでもいるような若者たちのグループ。
親友同士に見える彼らだったが実は、
片方が片方を一方的に支配する、といった異常な関係だった。
でも、こういうことは、よくあることかもしれない。

そのうち恋人に唆され、仲間を巻き込み殺人の計画を立てる。
その手法も実行も、驚くほど、浅はかだ。
殺された少年も、救いようのない人間だというのもわかる。
動機も充分にあるような気がする。

でも、それにしても。
彼らの行動は、全てにおいて安易すぎる。
もっと他になかったんだろうか。

こういう映画、多すぎる。
根本的に、何かがまちがってる気がしてならない。
そして・・・恐るべきなのは、性的描写の多さ。
R指定は、殺人ではなくきっとこのため。爆
アメリカの現状って、こうなんだろうか。

映画として事実を伝えるのは、悪いことだとは思わない。
だけど、こういう形にするのならせめて、
少しでもこういった事態を減らすきっかけになってほしいと思う、さめさんなのです。
暗いなぁ。

よし!んじゃ。
実は、マイケル・ピットくんとの出会いはこの映画だったりする。
ブラッドくん目当てだったのに・・・
終始イッちゃってるマイケルくんに見事、落。笑

今考えると彼、ジャンキー系はかなりハマる。
これからもどんどんダークサイドにイッちゃってほしい。
マイケルくんに期待を込めても・・・この映画はキロク★2つ。


← 人気ブログランキング ポチッと応援くださいな☆

← 映画ブログランキング ポチッと応援くださいな☆


[PR]
by samepoooo | 2008-11-03 23:23 | 映画 は行
『サラ、いつわりの祈り』
f0194546_9522819.jpg2004年 アメリカ
原題: THE HEART IS DECEITFUL ABOVE ALL THINGS
監督: アーシア・アルジェント
原作: J・T・リロイ 「サラ、いつわりの祈り」
出演: アーシア・アルジェント、ジミー・ベネット、ピーター・フォンダ、オルネラ・ムーティ、ジョン・ロビンソン、マリリン・マンソン、ウィノナ・ライダー、マイケル・ピット、ジェレミー・レナー
系統: ドラマ(PG-12)

さめ的この映画のキロク: ★☆☆☆☆

あらすじ: 裕福な里親に育てられた7歳の少年ジェレマイア。
ところがある日、突然現れた実の母親サラに強引に連れ戻されてしまう。
ドラッグや売春におぼれる彼女は、ジェレマイアを連れて各地を転々とする。
そんな母親の生き方に馴染めず、時に激しい虐待を受けつつも、
いつしか愛情が芽生えていくのだが・・・

さめ的この映画のココロ: これは、とんでもない作品だった。
観るに耐えがたい。
J・T・リロイの自伝的小説を映画化したようだけども、
これが一部のセレブに支持されているというのだから・・・とんでもない。
自伝的と言っているが、実はでっち上げという噂もあるらしく、
もう何がほんとだかわかりゃしない。

監督のアーシア・アルジェントは、母親サラ役で出演もしているのだけども。
なんちゅう映画を作るんや!
そして、なんちゅう演技をするんや!と言いたい。
今まで観た中で、最強にビッチな演技だった。
逆に、これはこれでスゴイことかもしれない。
最高にハマってはいた。
もしかしたら監督自身、この演技がしたくて映画化したんだろうか。
と、ちょっと思った。

ジェレマイア役の男のコたちも、あんな過酷な状況をよく演じたなと思う。
いちばんつらかったのが、あり得ないような生活を強いられ、
虐待を受けても、だんだんと母親に対する愛情が芽生えていったこと。

果たして愛情だったんだろうか、あれは。
単に、自分はこの人がいないと生きられない、と思ったんだろうか。
逆に、この人は自分がいないと生きられない、と思ったんだろうか。

それでも、はやり母は子を忘れられなくて、子も母を必要とした。
この世でひとりぼっちの二人。
この愛は、間違ってるんだろうか。

それにしても・・・もう一度観たいとは、決して思わないな。

そして。ほんとにほんとにカメオ的だけども。
マイケル・ピットくんとジョン・ロビンソンくんも出演している。
彼ら目的で観るのなら・・・やめた方がいいかもしれない。爆
ごめん、★1つ。


← 人気ブログランキング ポチッと応援くださいな☆

← 映画ブログランキング ポチッと応援くださいな☆


[PR]
by samepoooo | 2008-11-02 19:33 | 映画 さ行
『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』
f0194546_10584823.jpg2001年 アメリカ
原題: HEDWIG AND THE ANGRY INCH
監督: ジョン・キャメロン・ミッチェル
出演: ジョン・キャメロン・ミッチェル、マイケル・ピット、ミリアム・ショア、スティーヴン・トラスク スキシプ、セオドア・リスチンスキー、ロブ・キャンベル、マイケル・アラノフ、アンドレア・マーティン、ベン・メイヤー=グッドマン
系統: ドラマ/ミュージカル
公式HP

さめ的この映画のキロク: ★★★★★+マニア★★

あらすじ: 旧東ドイツに生まれたハンセル(♂)の夢は、
自由の国アメリカでロックスターになること。
米兵(♂)に結婚を申し込まれた彼は性転換を決意するが、
あろうことか手術ミスにより、股間には怒りの1インチ(アングリーインチ)が残ってしまう。笑
渡米後米兵に見捨てられ、ヘドウィグと名前を変えた彼(♂?♀?)は、ロックバンドを結成。
ある日、同じ夢を持つ17歳の少年トミー(♂)に出会い、ロック魂そして愛情をも注ぐのだが・・・

さめ的この映画のココロ: この映画。
↑からは想像つかないかもしれないが、めちゃくちゃイイ映画なのだ。
どうやら舞台でえらい何年も人気のあったロックミュージカルを映画化したもの、らしい。

なんかジャケットもスゴイ顔やし、タイトルも意味わからんし、若干ビビりながら観ましたの。
ロックなんて興味ないんだけど~と思ってたのが、大まちがい。
最高にカッコイイ!と思わせてくれる映画でした。

ていうかどっかで同じようなのを・・・
『プルートで朝食を』のキリアンやんけ!(レビュが遅れてますが。爆)
そうです、同じく、オカマちゃんががんばるお話なのです。笑

男でありながら女顔負けの格好をし、それを隠すことも、恥じることもしない。
でも股間には1インチ、残。笑
そんな1インチに怒りと悲しみを込め、
性的にも精神的にも自分のことを理解してくれる「片割れ」を探し続ける。

監督兼ヘドウィグ役のジョン・キャメロン・ミッチェルさん、スゴイ演技だった。
最高のドラァグクィーン!
こりゃキリアンもビックリだよー笑

男でありながら男になりきれない。
女でありながら女になりきれない。
現代の多くのそんな人々なんかにくらべたら、
ヘドウィグの方が、ずっとずっとカッコイイ生き様だと思う!

で、ね、オモシロイのが。
ヘドウィグの夫イツハク(もちろん♂)を演じていたのが、なんと♀の人だった、ということ!
途中、なんかこの人、声も高いし女っぽいなぁ、でもこのヒゲで女はないよなぁ・・・
と思っていたら案の定。笑(舞台でもこの人が演じていたそう。)
このイツハクとヘドウィグのエピソードは、残念ながら映画ではカットされてしまったみたいで、
(イツハクがウィッグをかぶるシーンの謎)
少し深いわけがありそうなんだけど、ココでしゃべると長くなるから割愛。笑

結局最後、ヘドウィグはウィッグを外し、ドレスを脱ぎ捨て、素のままで歌う。
その姿は、決して美しいものではなかったが、
ヘドウィグの中で、男も女もない、性別をも超越した何かが生まれたのだろう。
まさにそれこそ、彼?彼女?が求め続けていた「片割れ」だったんじゃないだろうか。

で。笑
特記すべきは、マイケル・ピットくん。(右)

f0194546_1525011.jpg

実はほんとにミュージシャンでもあるこのコも最近、お気に入りなのです。
(ガス・ヴァン・サントさんちでもよく出てくる。笑)
この映画では、ヘドウィグに愛されロック魂を宿される、トミー・ノーシスを演じてます。
美少年です。
あのね、小さい頃のホアキン・フェニックスを思わせません?
小さいまんま大きくなった、みたいな。
幼少のホアキンくん好きなさめさんとしては、たまらないコです。笑
だもんで、とーぜんキロク★5つ!


[PR]
by samepoooo | 2008-10-17 22:14 | 映画 は行